上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    観終わった~・・観客は私の見た映画館ではほとんど男性でした。
    ストーリーカードはすでに配布終了でゲット出来ず。これはBD発売時に期待するしかない・・っていうか多分どっかに掲載されるでしょう。しかしティエリアだけは絶対確保する!

    ネタバレなので以下畳みます。



    観終わってから時間がたって興奮状態から気持ちも落ち着いてきて、振り返る余裕ができてきた今の感想は「随分遠いところまで来てしまったな・・」という気持ちです。
    最近一度見たはずなのにもう一度ファーストシーズンから観たい。今までのTVシリーズが何もかも懐かしい。
    一期の時は台詞少なくて主人公なのに陰が薄いとか言われてた時期があったけどそんなことなかった。一人の少年兵だった刹那の一生をかけた話だった。映画観終わったあとにTVシリーズ見るとすごい刹那に気持ちが行く。


    以下箇条書き気味に乱雑な感想。主にティエリアの感想。

    序盤はパニック映画だった。次々と人々が襲われていく様は普通に怖かった。
    なんかカティさんを見る機会が多かった気がする。荒熊さんが無くなった今、00唯一の良心といっても過言ではない
    ビリーが童貞を卒業した
    ミーナいいキャラだなあ、ネーナと似てるのは他人の空似?暗くなりがちだけどコーラと共に雰囲気を明るくしてくれたと思う。
    おんなじ顔のネーナがあんなんだからかな。私はすごく好感持てた。しかしスメラギさんとのフラグは折れたのか・・
    沙慈は完全に大人の男になったなあ。映画「ソレスタルビーイング」は冒頭でしたね。
    アニューや置鮎イノベイターズと同型の人たちも出ていてこれはおお!って思った。クリスとリヒティとニールが出たところはじわっときた。
    アレルヤ休暇中 超兵夫婦すごすぎるwwハレルヤのリアルファイトかっこよかった
    二人で何も言わずに連携を取るところはさすがだなあ
    デュナメスリペア登場にうおおおおおお メガネライルいいよね
    一期の刹那は寡黙な少年、二期は心に熱い気持ちを秘めた青年、劇場版は・・周りは支えようとしてるんだけど孤独に感じた。周りのことが分かっちゃうから逆に・・
    MS戦は話を追うのに精一杯で全然思い出せない・・
    デカルトとは一体何だったのか
    グラハムー!序盤の仲間に笑いかけてるところはすごく嬉しかった。やっぱグラハムは仲間がいないとだめだ!

    以下ティエリアの感想長いです

    ティエリアのパイロットとしての活躍は非常に不満が残る 監督だかがツイッターで「トランザムかっこよかったです!」みたいなこと言ってたけど、カッコいいも何も死に際じゃねーか!
    二期終盤もそうだったけど、生きてるって分かってても死んでしまう様子を観るのは本当に辛くて軽く泣いた。そのあとスメラギさんに怒られてんのが可愛かった。
     ミレイナの「ミレイナはアーデさんがどんな姿でも、アーデさんのことが大好きです!」告白キター!なんかほほえましい。しかし返事をしないティエリア・・え・・スルーなの?
     ティエリアは本当の意味で妖精になった・・・まさか本当に小さくなって肩に乗るとは、真面目なシーンなのに私は笑いを堪えるのが大変だった。ビリーの登場シーンと妖精ティエリアのシーンはマジで顔が笑ってた。おかしいだろ!おかしいだろうが・・!
     実体は死んじゃったりラファエルは全然活躍しなかったりで不満は残るけど、最後は刹那と二人で出ずっぱりだった気がする。
     最初から最後まで目的を持って行動して「イノベイドとして人類を導く」という役割を全うした。本当にやりきって頑張ったんだな・・。やっぱり最後は笑顔が観たかったけど、役割を全うしてきっと満足してるよね。
     あのあとティエリアはどうしたのかな。刹那と一緒にいたんだろうか。データだからどこでも出現できそうだけど。
    エピローグで一瞬映ったのってあれティエリア!?それとも同型のイノベイドかなあ・・うーん・・。
     正直見る前は肉体も意識もきっと死んでしまってロックオンのもとへ・・みたいな感じだと思った。ちょっとあわせてあげたいなと思った。実際は刹那は戸惑ってんのにしっかり刹那をエルスの元へ導いていたな。

    しかし
    劇場版はフェルトがヒロインか・・
        ↓
    え・・刹那、最後ティエリアと一緒・・?ティエリアがヒロインだったのか!?
        ↓
    マリナがヒロインでした

    姫様おばあちゃんになったけど報われたな。マリナへの呼びかけが「きみ」になってたのに時間の流れを感じる。
    本当にマリナがヒロインだったんだ。最後のシーンは本当によかった。刹那がメタル仕様になったのはまじかよ!?って思ったけど、あと老人になったヒロインと再会するんでラーゼフォンを思い出した。
    マリナと再会を果たしたことで、人間から離れてしまって孤独だった刹那は報われたと思う。「クオリア」は刹那とマリナの歌だったんだと思った。

    物語全体としては答えを出せたと思うけど、キャラクター個々人は描写不足だったかな。これは小説版に期待。
    多分00の時間がこれから先に進むことはないけど、ドラマCDとか外伝とか色々サイドストーリー展開も期待してます。二回目鑑賞は来週にしようかな?つぎはもう一個の劇場で観ます。
    見る前は嫌いになるんじゃないかと思ったけどそんなことなかった。ガンダムらしくはなかったけど00らしい終わり方だった。全部良かったとはけして言えないけど、それでも好きでいてよかったです!

    プロフィール

    orosi

    Author:orosi
    ダラダラしているオタクブログです。
    00の話題とラジオ、視聴アニメの話題多め。時々らくがきやら。

    劇場版が終わろうがこれからもガンダム00を応援していきたい。
    あとブログ作った当時は神谷病って言ってたけど今のほうがよっぽど深刻です、ティエリア病が

    残念なpixiv:1666246
    つぶやき


    follow orosign at http://twitter.com

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    ブロとも申請フォーム

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。