上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    気付いたらもう電車に乗ってた。買いにいってそれすらも売り切れてたら泣く。

    ほんじゃあこないだの続きで16話からの感想行こうかね。長くなるな・・。

    16話の「魂の行方」。隻腕になり、一人目つきがやらしいマクシミリアンに捕まったデュラン。残された三人は彼を助けるため、王妃メアリーに接触します。

    一方マクシミリアンはデュランを助けたばかりか、腕の傷口まで詩編の力で塞ぐなど、謎の行動ばかり。デュランを仲間に引き入れたいようですが、「刻印は施した」とか言ってたし、結局どうしたかったのか・・。

    牢では王から受けた3人の抹殺の密命を呟き、忌まわしそうに左肩の「nqm」の刻印を見るデュラン。エロい。これがさっきマクシミリアンが施したと言っていた刻印なんでしょうかね?

    密命を呟いてから見るっていう流れからすると、王に施されたって線もありそうです。実際特別に密命を受けるくらいだし、王に完全に忠誠を誓います、って意味でnqmを直接体に施されたとかあるかも?時計は元々マクシミリアンのものだしね。

    王妃メアリーと謁見することに成功したデオン。メアリーはデュランの一時釈放を約束してくれます。そして自分は王妃の妹であり、自分は死んだ姉の魂を身に宿していることを明かします。完全に魂が融合していまい、今は自分がどちらなのか分からないと言う王妃。いずれデオンとリアも完全に魂が融合する時がくると告げます。ショックでフラフラと退室するデオン。これは魂がいずれ融合することにショックを受けたのか、なんかちょっと怪しい宗教っぽい(?)王妃に引いたのか・・多分前者。


    17話の「メドメナムの地」。前回の最後でデュランを助けるために、味方の詩人ホワイトヘッドを殺したのがバレて、ダッシュウッドに呼び出しを食らったマクシミリアン。道中の馬車でカリオストロに「その時が来たら好きな金額を書け」と現実では一生言われることの無いであろう台詞を言いながら小切手を渡します。この金持ちが!もっともここまで来たら金銭とか関係なくなっちゃいますよね。

    デオンたちは、釈放されたデュランを迎えに。「それでも一番強いのは俺だよ」って台詞がちょっと切ない。デュランの弁護士とのやり取りもいい。つうかデュランは動いてる時計持ってないの?片手だと手紙を封筒に入れる作業も大変そうです。 弁護士に誓約書と何かあった時の事前釈明書を渡し、釈放。その足で敵の本拠メドメナムへ向かいます。

    そのメドメナムでは自分の目指す世界のために反旗を翻したマクシミリアンとダッシュウッドのバトルが勃発。首元燃えてますよ!二人の言ってる意味がよく分からないので割愛。勝敗はダッシュウッドが勝利。よく分からない波動で壁に打ち付けられるマクシミリアン。穴という穴から血を出してます。それに呼応するかのように血涙を流すデオン=リア。

    あと近辺住民がガーゴイル化して4人位襲ってくるシーンのガーゴイルの作画が、なんかギャグマンガ日和チック。

    18話の「新世界」。マクシミリアンの死を感じ、詩編を唱えて大暴走のリア。敵方もやられていきますが、刻印を刻まれたデュランまで苦しみだしてます。

    サクッとサンドウィッチを倒し、それでも暴走し続けるリアを、テラゴリーが止めます。

    「感情をそのまま行動に移すところは変わらんな、リア・・お前の姉を救え、デオン・・!」この台詞好きです。そういえばリアは教え子でしたもんね。

    マクシミリアンが死に、残されたカリオストロとロレンツィアに、ダッシュウッドが命令します。気に食わない様子のロレンツィアをカリオストロが引っ張ります。この二人って和むよね。

    ヴェルサイユではポンパドールらがイギリスに進軍するよう発言しています。宮廷内で発言力を持ってきたポンパドール、ここのままでは彼女がヴェルサイユの主となる、とルイ15世。「それがリアならば、喜んで受け入れたであろう。残念だ・・」そう言ってため息をつくと、手紙のような紙が映し出されます。なんだろこれ?あと「残念だ・・」の意味が気になりますね。リアを失って残念なのか、それとも・・・

    一方ダッシュウッドの元へ向かう四銃士。デュランはマクシミリアンとリアの関係を知っていたようです。まあ同僚だったみたいだし。三角関係かあ・・。デオンとデュラン、ロビンとテラゴリーの二手に分かれ、行動することに。今まともに戦えるのがテラゴリーだけなので端から見てかなり不安になるんですけど・・。RPGのパーティ分けみたい。

    実際やっぱり隻腕で戦いづらそうなデュランといきなりリアが降臨したりするからまともに戦えないデオン。コンビネーション無え!

    一人ダッシュウッドの元に辿り着いたデオン=リア。よく分からん幻を見せられ、その隙に刺されそうになるところをマクシミリアンの幽霊?が助けてくれました。

    幻の中マクシミリアンに語りかけるダッシュウッド。そしてフランス人権宣言っぽいことを喋るマクシミリアン。リアの声。これが自分の作る世界だ、って言いたかったんですかね?

    そして朝日の中、ロレンツィアの膝枕(笑)で目を開けるマクシミリアン。死んでねぇ・・。


    一番長くなった・・続きは今度。まとめるうちに多分二十二話始まっちゃうね。

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    orosi

    Author:orosi
    ダラダラしているオタクブログです。
    00の話題とラジオ、視聴アニメの話題多め。時々らくがきやら。

    劇場版が終わろうがこれからもガンダム00を応援していきたい。
    あとブログ作った当時は神谷病って言ってたけど今のほうがよっぽど深刻です、ティエリア病が

    残念なpixiv:1666246
    つぶやき


    follow orosign at http://twitter.com

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    ブロとも申請フォーム

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。