上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    2007
    05
    23

    きたよ

    DVD5巻来ました。ちゃんと初回限定版。ボックスの色はトリコロールになっているので今回は白。DVDケースの箔押しは5巻から銀色。DVDメニューの背景もロシア編に合わせてサンクトペテルブルクに。これは4巻からかな。4巻どこにも売ってねぇな・・。特典の脚本は5巻からは新しい脚本。辻馬車兄弟がメインの話です。今回はデュランの出番多め、というか御者兄とデュランの会話がメイン。やったね!

    ボロンゾフを乗せた兄の馬車に乗り込み、腕のいい御者か試すデュラン。世話話をしながら手綱捌きを確かめ、ついでにボロンゾフについても聞き出す。一般市民は興味がないのか知らないのか、ポンパドール夫人の名前を間違えたり、宮廷の時計がただ壊れて止まっていると思い込んだりしています。「貴族はそんなせせこましいこと気にしない」という言葉に自嘲するデュラン。八時十五分で止まっている時計は、先代の王が崩御した時刻を表します。重要な意味を持つ時計でも、貴族の中でも真に王に忠誠を誓う者はほんの一握りだけで、他の者には御者兄のように壊れた時計と同じ意味しか持たないのかもしれないってことかな。

    御者兄の名前はフィリップ、ノッポの弟はジャン。フィリップはジャンたち弟夫婦と二人の子供、病気の母親と暮らしており、フィリップ自身は妻とは死に別れ。今年生まれた姪っ子と死んだ奥さんの誕生日が同じだったため、生まれ変わりかもしれないと言うことで同じ名前をつけてくれたそうです。いい話。主人公が貴族なのでなかなか一般市民の生活が分からないですね。「生まれ変わりは信じるか」と言う言葉に、デオンに憑依するリアを知っているデュランは「近頃はあながちないこともないと思っている」と答えます。あれとかガーゴイルとか見たら今まで否定してた心霊現象を全部肯定したくなるよな・・。

    急なカーブや道なき道を進んだ結果、幸か不幸か合格を貰うフィリップ。長旅になるが報酬はボロンゾフたちの20倍、経費の類いも全部デュランたちが負担。これって国から出てる金?劇中も金遣い荒かったなあ・・。最後に花売りの前で降ろしてもらうデュラン。ここで買った花が6話に出たあのアネモネの花?本編とリンクするとこがちょこっとあるのがいいですね。

    特典映像の座談会は、まだ5巻なのにも関わらずネタバレ満載。メンバーは四銃士とリアのキャスト陣。テラゴリー役の佐藤晴男さんが予想外に若かったのにビビった。年齢が分からないんですけど、あの見た目は重みのある渋い声からはちょっと想像出来ません。

    続き気になるけど4巻と6巻、どっち先に買おうかなあ。もうじきイギリス編の7巻も出ますね。いっそ7巻買うか?

    Comment

    1. ただいま「非公開コメント」も受付中です。

    Comment Form


    管理者にだけ表示を許可する

    プロフィール

    orosi

    Author:orosi
    ダラダラしているオタクブログです。
    00の話題とラジオ、視聴アニメの話題多め。時々らくがきやら。

    劇場版が終わろうがこれからもガンダム00を応援していきたい。
    あとブログ作った当時は神谷病って言ってたけど今のほうがよっぽど深刻です、ティエリア病が

    残念なpixiv:1666246
    つぶやき


    follow orosign at http://twitter.com

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    ブロとも申請フォーム

    ブログ内検索

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。